TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ野島小中学校へ
 野島小中学校は防府市南東の海上約15キロに浮かぶ野島にある小中併設校です。島の人口は約80人。ほとんどの島民が漁業に従事しています。かつては島一面にツツジが咲き乱れ、海上から島が真っ赤に見えたことから「茜島」と呼ばれていました。現在は、小学生3名(複式1学級)、中学生6名(複式1学級)、教職員(非常勤2名を含む)8名で、日々元気に活動しています。特認校制度によりすべての児童生徒は島外から連絡船を利用して通学しています。ヒラメ・カサゴの放流やシーカヤックの操船、はもの調理学習や無人島への上陸体験など、島の大自然を生かした特色ある学習活動で、多くの児童生徒の自己実現を支援しています。今年度は「賢く、優しく、そして強い子どもを育てる」を学校教育目標とし、野島の大自然や地域の方々の温かさに触れながら、野島から「元気」を発信し、子どもたちの活動で野島に「元気」と「潤い」を拡げていきたいと思っています。  校 長 濵 本 昌 明

5月1日:新年度ホームページ更新開始

5月16日:更新 学校便り ハマちゃんだより 17日:更新 保健便り